FXの取引スタイルはどんなのがある?

FXでは24時間、相場が動いています。そのため人によって為替取引の方法が違うのです。またFXをメインの儲けにしている人と、副業で行っている人では取引量やスタイルも全然違いますよね。そこでトレードの期間などで変わる主なトレードスタイルをご紹介します。


副業の人が多いFXは短時間の取引が多い

FXを本業として行う個人投資家ではなく、FXをあいている時間でやって利益を増やしたいという人のほうが多いことかと思います。このような場合には、短時間で売りと買いを繰り返す、スキャルピング、デイトレードという方法を利用するのだそうです。スキャルピングとは数秒単位で売り買いを繰り返すことで薄利を重ねるのですが、業者によっては制限がかかる可能性もあるのだそうです。


短い時間で儲けを出すコツはある?

多くの人がデイトレードという、自分のあいた時間に為替をチェック、売り買いを行うことでしょう。寝る前に売り買いをすべて確定させることが一般的です。これは自分が直ぐに動けない状態で値が大きく変動するリスクを避けるためと考えられています。期間を長く取って値を読みながら行うトレードにはスイングトレード、ポジショントレードなどがあります。

Comments are closed.