FXでよく聞く、レバレッジってどうゆう意味?

FXでは少ない金額でも、大きな額の取引が可能だということを聞いたことがあるかと思います。これはてこの原理を利用して、少ない金額を動かしているためです。FXでは証拠金というお金を預けて、このお金を担保にして外貨為替の運用を行うのです。


FXのレバレッジはてこの割合

FXでは証拠金で預けているお金の10倍以上の取引ができます。10万円でレバレッジを10倍にすれば100万円分の外貨為替を動かせるということになります。つまり、このレバレッジを高く設定すればするほど、大きなお金を動かすことができるというわけです。しかし、これは利益だけでなく、マイナスも同じように大きくなります。この点は注意が必要です。


レバレッジは日本で規制されているもの

中にはFXで100倍などのハイレバレッジをかけて、ハイリスク、ハイリターンの取引を行うことも可能です。ただし、日本国内で管理されているFX業者はレバレッジに上限が設けられています。これは、ハイレバで為替を動かして、負債を背負ってしまった人が増加したためだと言われているそうです。もしも取引に慣れてきて大きなレバレッジをかけたいと思うのであれば、海外の為替取引口座を利用することでハイレバの取引も可能なのだそうです。

Comments are closed.