FXはどんな商品を扱うの?

3月 14th, 2014

FXという言葉を聞いたことがあるかと思います。投資で、初心者でも気軽に始められると非常に人気が高いそうです。投資といわれると少し敷居の高いイメージや、最初にかかるお金がすごく沢山必要なイメージがありますが、FXでは「てこの原理」を利用して少ない金額でも大きなお金を動かすことが可能なので、自宅で空いている時間を活かして始められるのだそうです。


FXは外国為替の金利の差で利益を出すもの

FXとは、外国為替証拠金取引という資産運用になります。これは、株などではなく、外国の通貨を売り買いしてその差額で儲けを出すものです。全世界で利用されている円やドルなどの通貨は、資産です。この資産の価値は常に上下して値段が動いています。よく、東京為替市場などと1ドルが100円、などとニュースで流れているのも、円の価値が常に変わるからです。


2種類ある為替レート

為替レートを見ると、テレビでもFX取引業者でも2つの値段が表示されています。これは業者が売り出している、買い取っている通貨の値段です。業者の売りの価格で私たちは購入し、自分が売却するときには、業者の買いの値段で売ることとなるのです。私たちが購入するレートをアスク、私たちが売却するレートをビッドと呼んでいます。

FX会社をお探しの場合はこちらから…FXの人気会社ランキング(http://www.internoise2012.com/)

FXでのスワップポイントとは

8月 29th, 2014

スワップポイントとは簡単に説明すると、別々の異なる二国間の通過の金利差の事をいいます。FXの初心者はもちろん上級者でも行っているのが、そのスワップポイントで利益を得る
取引です。FXの場合は、レバレッジでの購入でもスワップポイントが適用されますので大きな利益を得ることも可能になってくるのです。


<日本は超低金利国>

日本における政策金利は2014年6月現在、わずか0.10%という超低金利、一方では豪州ドルで2.50%、南アフリカに至っては、5.50とかなりの高金利となっています。
そのようなことから、低金利国での通過で高金利国の通貨を買うと金利の差が生まれそれを、保持しているというだけで金利が得られてしまうのです。


<常に利益があるとは限らない>

このような金利差において得られるFXでのスワップポイントは、毎日貯めていくこととかなりの金額になります。ですので、スワップポイントを目的として運用している人もいます。
ですが、実際のところは金利の変化や手数料などでも変わってきますので、つねに利益を得られるとはかぎりませんので注意が必要になってきますし、あまりそちらのほうに気を
取られてしまうと、逆に損をしてしまいます。

資金のない初心者でもFXなら少額から始められます

5月 30th, 2014

投資の初心者は何に投資すべきか分らないのではないでしょうか。特に初心者におススメなのが、FXです。FXの利点は、何と言っても資金がどんなに少なくても始められる点にあるのではないでしょうか。FXは株式投資みたいにまとまったお金が無くとも始めることができる投資なのです。


<自由にレバレッジをきかせることができる>

FXの特徴の一つがレバレッジを掛けることができるという点でしょう。レバレッジとは英語でテコと言う意味です。これは、どういう事かと言うと少ない資金でもレバレッジを掛けることによって元での資金の数倍の取引ができるようになるのです。そのため、例え1万円しか元手が無くともレバレッジを10倍掛ければ10万円分の取引ができるという事になるのです。


<成功すれば多額の利得が得られる>

10倍の資金を一気に取引できるのですから、その分元手だけでやるよりも10倍分の利得が得られるという事になります。ですから、FXは少額の資金でも十分な投資ができるのです。ただし、レバレッジを掛ければ得られる利得も多くなりますが、失敗したら損失もかなり大きくなるという事は理解しておきましょう。少額で十分な投資ができるので初心者も小さい額から始めやすいのです。

FXのシステムトレードってなに?

3月 24th, 2014

FXでは初心者が少ないお金を元に大きなお金を動かすことができると言われています。これは取引業者に証拠金と言われる担保になるお金を預け、このお金を元に取引を行うためです。お金を大きくできるというのは、てこの原理を利用したレバレッジを利用したものです。


FXは24時間相場が動くもの

FXでは株と違い24時間、相場が動いていると言われています。厳密にいうと同じ相場でずっと動き続けているわけではありません。各国のFXのバーチャル取引所が動く時間が時差などによって変わるため、24時間動かせるということになります。これは、いつでも空いた時間に投資を行えるというメリットがある反面、常に値を見ていないと寝ている間に大きな動きがあるかもしれないと言うことです。そこで注目されているのが、システムトレードなのだそうです。


機械に数字をいれて、システムで売り買いを

FXで大きな損をしないコツ、儲けを安定させるコツに、感情に流されずに最初に決めた値段で売り買いを繰り返すということが言われているそうです。投資だけで生計を立てているプロでも、感情に流されないと言うのは非常に難しいと言われていますから、ちょっと始めてみようと思った人が機械的に取引を行うのは、非常に難しいと言えるでしょう。そのため、FXでは自分で売り買いの値段を決めて、自動的に売買を行ってくれるシステムトレードが注目されているのだそうです。

FXを主婦がやるときに気を付けることは?

3月 14th, 2014

FXでは空いている時間だけ、短時間の取引を行うことができるという利点から、主婦などが空いている時間にトレードを行って利益を出すということも可能なのだそうです。もしも家事の合間などにFXを開始するのであれば、どんなことに気を付けたらいいのでしょうか?


FXのマイルールを決めよう

これはFXだけに言われるわけではありませんが、投資で最も危険なのは人間のよくなのだそうです。自分でいくらまでお金をかけるか、マイナスが発生したらいくらで取引を終えるのか、をきちんと決めておきましょう。システムトレードや強制ロスカットなど、リスクヘッジになるものもありますから、このようなアイテムも活用することで、FXのリスクを最小限に抑えることをオススメします。


相場が動く時間を知っておこう

FXでは24時間取引が可能というイメージがありますが、これは世界の取引を行うバーチャル為替市場が、違う時間帯に取引を開始するためです。日本時間ではだいたい9時から11時、16時から18時、22時から24時の3つの時間帯に動くと言われているそうです。自分がパソコンなどに迎える時間を考えて決めましょう。また寝る前には売り買いをすべて確定させて、一日で取引はいったん終了させることで大きなマイナスを避ける対策になるそうです。

FXの取引スタイルはどんなのがある?

3月 14th, 2014

FXでは24時間、相場が動いています。そのため人によって為替取引の方法が違うのです。またFXをメインの儲けにしている人と、副業で行っている人では取引量やスタイルも全然違いますよね。そこでトレードの期間などで変わる主なトレードスタイルをご紹介します。


副業の人が多いFXは短時間の取引が多い

FXを本業として行う個人投資家ではなく、FXをあいている時間でやって利益を増やしたいという人のほうが多いことかと思います。このような場合には、短時間で売りと買いを繰り返す、スキャルピング、デイトレードという方法を利用するのだそうです。スキャルピングとは数秒単位で売り買いを繰り返すことで薄利を重ねるのですが、業者によっては制限がかかる可能性もあるのだそうです。


短い時間で儲けを出すコツはある?

多くの人がデイトレードという、自分のあいた時間に為替をチェック、売り買いを行うことでしょう。寝る前に売り買いをすべて確定させることが一般的です。これは自分が直ぐに動けない状態で値が大きく変動するリスクを避けるためと考えられています。期間を長く取って値を読みながら行うトレードにはスイングトレード、ポジショントレードなどがあります。

FXでよく聞く、レバレッジってどうゆう意味?

3月 14th, 2014

FXでは少ない金額でも、大きな額の取引が可能だということを聞いたことがあるかと思います。これはてこの原理を利用して、少ない金額を動かしているためです。FXでは証拠金というお金を預けて、このお金を担保にして外貨為替の運用を行うのです。


FXのレバレッジはてこの割合

FXでは証拠金で預けているお金の10倍以上の取引ができます。10万円でレバレッジを10倍にすれば100万円分の外貨為替を動かせるということになります。つまり、このレバレッジを高く設定すればするほど、大きなお金を動かすことができるというわけです。しかし、これは利益だけでなく、マイナスも同じように大きくなります。この点は注意が必要です。


レバレッジは日本で規制されているもの

中にはFXで100倍などのハイレバレッジをかけて、ハイリスク、ハイリターンの取引を行うことも可能です。ただし、日本国内で管理されているFX業者はレバレッジに上限が設けられています。これは、ハイレバで為替を動かして、負債を背負ってしまった人が増加したためだと言われているそうです。もしも取引に慣れてきて大きなレバレッジをかけたいと思うのであれば、海外の為替取引口座を利用することでハイレバの取引も可能なのだそうです。

FXで利用するスプレッドってなに?

3月 14th, 2014

FXではいくつか、聞きなれない言葉が出てくるかと思います。しかし、取引を安全に行うためにFXを始める前に知っておくといい言葉があります。FXで利用する専門用語の中で、スプレッドという言葉についてご紹介します。


FXのスプレッドは差額のこと

FXでは為替が2種類あります。取引所が売りに出している価格と、買い取っている価格です。私たちは業者を経由して、アスクという売りの価格で購入し、ビッドという買取の価格で、自分の持っている外貨を売るのです。安い値段で買って、高い値段で売ることで利益を得るという非常にシンプルな作りです。しかし、おなじ値段で売って買い取っていては、業者の儲けはなくなってしまいますよね。このレートの差額分で取引業者は儲けを出しているのです。アスクとビッドの差額が、スプレッドです。


スプレッドは安いほうがいい

例えばみかんでたとえるとすると、業者ではミカンを1つ110円で販売しています。しかし、同じみかんを100円で買い取りも行っているのです。業者がみかんを1つずつ、売り、買った場合には10円の儲けが出ますよね?この10円がスプレッドなのです。つまり、取引業者を探すのであればこの差額が安い業者を使うほうがお得にFX取引ができるということになります。